非常用携帯エアーコンプレッサーを使ってみた


さて、興味のない人にはまったく必要のない内容なのですが、頭の隅に置いておくと万が一の時に役立つ情報だと思うので一応記事にしておきます。

先日、クルマで旅行に行っていたのですが、旅先でタイヤのサイド部分を損傷してしまったんですね。で、翌日にタイヤ交換の予約を取っていたのですが、駐車場に一晩置いておいたらタイヤが見事にペッタンコ。「あらあらこれは走れないねぇ困ったねぇ(*´・ω・)(・ω・`*)ネー」と思っていたのですが、思っているだけではどうしようもないので、ディーラーさんに電話で「どうすっぺ?」と聞いてみたんです。

そうしたら、「非常用のエアーコンプレッサーがあるはずなので、それで少しエアを入れて、さらにガソリンスタンドで空気を入れながらゆっくり来てください。」とのアドバイスをいただきまして。で、無事、ディーラーに着いてタイヤ交換をして自宅に帰ってこれたのですが、折角なのでそのシチュエーションを再現してみようかと思います。

ちなみに今回、再現で使っているクルマは一世代前のカイエンです。
(写真をクリックすると拡大されます)

compressor01.JPG compressor02.JPG
トランクルームの底板を外し、左側の方に非常用のエアコンプレッサーがこっそりいます。この中にコード類が詰め込まれているので、全て引っ張り出してバッテリーにマイナス端子→プラス端子の順に繋ぎます。

compressor03.JPG compressor04.JPG
タイヤのバルブキャップを外し、エアーコンプレッサーを繋ぎます。あとはスイッチを入れるだけで・・・。

compressor05.JPG
物凄い爆音と共にエアが注入されます。

動画だとそのうるささがよく分かります。

ちなみにこのような小型エアーコンプレッサーは楽天等でも売っていますので、万が一の時に備えて買っておくのも良いかもしれません。