トヨタ アクア 試乗レビュー


現在、大人気のハイブリットカー、トヨタ アクアを試乗してきました。第一印象は非常に綺麗なボディカラーを持った、コンパクトにまとまったクルマだということ。確かに人気が出るのも分かるような気がしました。

公式サイトから自宅の近くで試乗できる店舗が検索できます(http://toyota.jp/service/dealer/spt/car-select)。全部のディーラーが試乗車を配備しているわけではないので、あらかじめ確認・予約しておきましょう。

(写真をクリックすると拡大画像が表示されます)

aqua01.JPG aqua02.JPG

試乗車はイメージカラーのクールソーダメタリック。コンパクトなアクアにとてもマッチしているカラーですね。サイズ的にはヴィッツと同じくらいですが、空力の関係からか全高が少し低いような気がします。

aqua05.JPG aqua06.JPG

この試乗車は内装にもターコイズブルーのアクセントが所々に配置されていました(標準はフレッシュグリーン)。後部座席もそれなりのスペースを確保してあるので、大人4人乗っても大丈夫そうです。ただ、全高が低い分、頭上スペースに多少窮屈感がありました。

aqua04.JPG aqua07.JPG

試乗車にはアドバンストディスプレイパッケージが搭載されており、エンジンやモーターの駆動状況がかわるエネルギーモニターが表示されていました。このパッケージには他にもエコジャッジ(エコ運転を点数評価してくれる)、エコウォレット(同サイズのクルマとの燃料費の差)、エコウォレット履歴が表示されたり、ステアリング上でオーディオや空調の操作ができるような機能が付いています。

aqua08.JPG aqua09.JPG

エンジンルームとトランクルームはこんな感じ。やはりハイブリッド車はエンジンとモーターの両方を詰め込んでいるので、メカっぽい感じがしますね。トランクルームの容量は充分あるので、家族で旅行にいく時でも大丈夫です。

aqua10.JPG aqua11.JPG

トランクルームの底板を上げるとタイヤの補修キットが入っています。スペアタイヤはオプションになるそうです。スペアタイヤはそれなりに重いので、常時積んでおくと燃費に影響するので、標準では搭載していないそうです。

aqua12.JPG aqua13.JPG

バッテリーは後部座席下に配置されています。奥が駆動用のバッテリー、手前がアクセサリー用のバッテリーです。

乗ってみた感想は、非常にキビキビ走り、乗り心地も悪くなく、非常にまとまっているクルマだと思います。人気が出るのも頷けます。ただ、大人気なだけに生産が追いつかず、今(原稿書き時点で2月)発注しても納車は8月ぐらいになってしまうそうです。もし早く欲しいという人は、一日も早く発注するか、新古車を狙うのが良いかと思います。

ちなみにアクアはトヨタのグループ会社である関東自動車工業の岩手工場で生産されています。アクアが売れれば売れるほどこの岩手工場が活気づくので、とにかくたくさん売れて欲しいですね。

動画も撮影してきていますので、あわせてご覧ください。

試乗車の諸元表

車両型式DAA-NHP10-AHXNB
車両重量1,080 kg
エンジン型式1NZ-FXE
エンジン種類水冷直列4気筒DOHC
排気量1.496 cc
燃料供給装置電子制御式燃料噴射装置(EFI)
最高出力74 PS
最大トルク11.3 kg・m
燃料タンク容量36 L
燃料種類無鉛レギュラーガソリン
全長×全幅×全高3995×1695×1445
乗車定員5 名
サスペンションストラット/トーションビーム
ブレーキベンチレーテッドディスク/リーディングトレーリング式ドラム
駆動方式前輪駆動方式
トランスミッション電気式無段変速機